本文へスキップ

超高精度複合小型円筒研削盤SUPER HIGH PRECISION MULTI-CYLINDRICAL GRINDING MACHINE




NOG200-Fはコンパクトな
超高精度円筒研削盤です。
本機はスタンダードな円筒研削を極めるべく開発された究極の円筒研削盤です。全ての摺動面はキサゲ摺り合せ作業による手仕上げで構成されており高精度・長寿命を約束します。さらに砥石軸の機械的切り込み追従精度及び復元制度±1μmを10年間保証しています。ワーク固定方式は@両センター Aスクロールチャック Bコレット等多彩なパターンが可能です。  


高精度な円筒研削を実現する
切り込み追従精度。

前後軸は手パラハンドルを標準装備しており切り込み量の切り替えが可能。最小切り込み量は50ナノ(直径表示で0.1μm) を実現しており微細な切り込み加工を行う事が可能です。また左右軸には高精度ボールネジを採用し端面方向へのサブミクロンレベルの微細切り込みが可能です。従来の円筒研削盤では困難な寸法公差の厳しい加工にも容易に対応頂く事ができます。  


高真円度を実現するワーク主軸ヘッド。
ワークスピンドルには高い剛性をメンテナンス性に優れた転がり軸受けを採用。当社独自技術による精密組立てを行いメタル軸受けや静圧軸受けを使用する事無く極めて高い回転精度と剛性を実現し、サブミクロンレベルの加工精度を容易に得る事が可能です。回転駆動にはサーボモーターを採用し無段階の回転調整が行えます。  


左右軸の高精度位置決め機能を標準装備。
当機は汎用機でありながら左右軸の高精度な位置決めを可能とする【左右反転位置ティーチング機能】を標準装備しています。操作は非常にシンプルで任意の左右反転位置でティーチングボタンを押すだけでサブミクロンレベルの位置決めを実現し、右図のようなツバ付ワークの外径加工を安心して行えます。また、このティーチング機能は手動ハンドル操作時でも有効となります。  




当社オリジナル
内面研削ユニットの優位性。

(外径の円筒度/内径の円筒度それぞれの補正が可能です)
内研ユニット (オプション) は当社オリジナルの内研単独駆動機構を採用。このユニットそのものに旋回軸を有しておりさらに内面研削スピンドルの単独駆動(オシレーション駆動) が可能です。この機構によりワークヘッドやスイベルテーブルを調整する事無く内径の円筒度補正やテーパー加工が可能となり高精度な同心度・円筒度が必要な外径・内径のワンチャック加工が容易に行えます。またこの様なワークが複数個ある場合でも都度補正を行う必要が無く効率的な加工が行えます。
ポイント@ 
内研砥石軸の角度が振れる。
ポイントA 
内研単独駆動機構がある。
 


基本スペック

項目  単位  NOG200-F 
研削できる
加工物サイズ
スクロールチャック仕様 mm   4インチ仕様範囲
コレットチャック仕様 φmm 0.5〜8.0
3.0〜20.0
センター間距離 mm 220
砥石軸 砥石の大きさ
外径/内径/幅
mm φ255/φ50.8/25
砥石台(前後軸) 最小送り量  mm  0.0001 
テーブル送り(左右軸) ハンドル送り量(1回転) 
10μm送り時/1μm送り時
mm  10/1
工作主軸 チャックサイズ  インチ 
制御 オリジナル
全床面積(幅/奥行)     mm  2000/1600 
機械重量   Kg  約2500 
その他    内研ユニットオプションを搭載により、ワンチャックで外径内面加工が可能になります。   
専用ワークヘッドオプション搭載により、チャックサイズ5インチまで対応可能です。
*掲載内容は、機械の改造等に伴いお断りなく変更する事があります。